ラーメン編1 「龍昇園(三条市)」聖地で初のカレーラーメン体験!

燕三条ラーメン王国お遍路MAP

目次

ラーメン編1 「龍昇園(三条市)」聖地で初のカレーラーメン体験!

燕三条ラーメン王国・お遍路MAP

燕三条ラーメン王国お遍路MAP

先日燕三条の駅で

「燕三条ラーメン王国・お遍路MAP」

なるものを入手しました。

燕、三条エリアがラーメンの聖地だとは聞いてはいましたが、

こうやってちゃんとまとまって見るのは初めてです。

燕三条ラーメン王国お遍路MAP

ラーメンは大好きですが

カロリー面から言うと唐揚げと並ぶ天敵の1つ。

燕の「背脂系」も

三条の「カレー系」も食べたことがありません。

でも試してみたい興味が湧いてきました。

せっかく三条にいるのだし、

たまに食べるくらいなら平気、平気!と信じて、

このお遍路MAPと周りの人の口コミを頼りに

お遍路の旅の一歩を踏み出してみることにしました。

燕三条ラーメン王国・お遍路MAP

スマートフォン専用サイトはこちら:

燕が背脂系ラーメンの聖地になった背景

燕市は江戸時代から和釘やキセルなど

金属製品を多く生み出してきた街。

このお遍路MAPによると、

昭和30年代、金属の製造工場は夜遅くまで稼働し、

その工場で働く人たちに人気があった夕食がラーメンだったとのこと。

ラーメンの太い麺は腹持ちがよく、

豚の背脂を使ったスープは冷めにくいので

工場まで出前をしても熱熱を届けられ喜ばれたのだそう。

三条のカレーラーメンの歴史は70年

一方、三条はカレーラーメンで有名ですが、

その歴史は70年にもなるとか。

同じくお遍路MAPによると

昭和の高度成長期に店舗数が増えて、

飲んだ後の締めとしてのカレーラーメンが人気を博したそう。

カレーラーメンと言ってもさまざまなタイプがあります。

ベースとなるスープのだしも、

鶏ガラ、豚ガラ、ゲンコツ、煮干、昆布などさまざまで

そこに各店舗独自のカレールーを加え、

スープタイプ、かけタイプ、冷やしタイプ、つけ麺タイプ、

あるいは背脂タイプなど

お店によってさまざまなカレーラーメンが存在します。

講師の先生おすすめのカレーラーメン

現在、新潟県三条市の下田地区で「しただ塾」に参加しています。

アウトドアを含む観光業、接客業への就職を目指す人への

滞在型職業訓練講座になっています。

そのアウトドア関連の授業を担当してくださっている先生が三条の方で、

話の合間の中で龍昇園さんのカレーラーメンを

おすすめしてくれました。

その時はまだこのお遍路MAPを持っていなかったので、

そのうち行ってみようかな、くらいに思っていたのですが、

お遍路MAPにその名前を見つけ背中を押されました。

金曜日、授業が終わった後、

新潟市の自宅に戻る途中に寄って見ることにしました。

龍昇園さんへGO!

金曜日の授業が終わって16時ごろ、

三条市内の龍昇園さんを目指しました。

お店は17時オープンのようです。

30分くらいで着くはずなので、

ちょっと早いかなと思っていたのですが、

駐車場がないと聞いていたので、

駐車場を探す時間も必要です。

駐車場を探す

ナビを信じて走り続けること約45分、

途中渋滞などもあってお店の近くに到着しました。

そこから駐車場を探します。

駅前に送迎用の駐車場がありますが、

ここに停めるわけにもいかず、

ナビに頼って探すも見つからず、を何度か繰り返し、

ようやく「本町パーキング」と言う駐車場を見つけました。

駐車場の写真を撮ったはずが撮れていませんでした。

本町パーキングは500円です。

本町パーキングからは徒歩5分

こちらは駐車場の前の通りです。

龍昇園

駐車場から龍昇園までは徒歩5分。

この先の新潟県信用組合のところの交差点を右折すると

龍昇園

もう真っ暗ですが、

龍昇園

右手に消防車が停めてあったり、

龍昇園

左手に三条市中央公民館の建物があり、

龍昇園

その先の交差点を左に曲がると

龍昇園

明るいネオンのついたお店が龍昇園です。

正面はこんな感じです。

龍昇園

やはり黒のカレーラーメンが売りのようです。

龍昇園

お店の中に入るとこんな感じ。

龍昇園

中は10人くらいが座れる長いカウンターになっていて、

その中は結構広い台所になっています。

そこに旦那さんと奥さんでしょうか、お二人。

お店に入ったのが17時20分くらいだったので、

結構な時間駐車場を探していたのですね。

行かれる際は事前にチェックしてみてください。

黒カレーラーメン、いただきます!

お店に設置のテレビでやっている

大相撲11月場所をみながら待つこと約7分、

黒カレーラーメンが登場しました。

それがこちら。

龍昇園

玉ねぎいっぱい、黒いスープ。

龍昇園

スープはサラッとしていて意外とあっさり。

スープ感覚でいただけます。

麺は平打ちちぢれ麺、といえばいいのでしょうか。

龍昇園

黄色がかった麺に黒いスープが絡んで翠色に見えます。

一瞬肉団子?と思ったこちらの丸いものは

餅米でできたお団子でした。

龍昇園

もっちり美味しい。

チャーシューはこのような厚切りで

油が溶けるように美味しいです。

龍昇園

表面には見えていなかった卵が出て来ました。

龍昇園

中がトロトロ半熟の煮卵です。

大きな赤い唐辛子。

龍昇園

ちょっとかじってみましたが辛そうなのでやめておきました。

これはじゃがいも。

龍昇園

おそらく茹でてから一度素揚げしてある感じです。

かぼちゃも登場。

龍昇園

色々中から出てきて面白い。

もっと辛くて汗だくになるかと思っていましたが、

そんなに辛さもなく、スープもサラサラとあっさりしているので

一気に完食してしまいました。

玉ねぎやしめじ、にんじんなど、野菜が多いのも嬉しい。

美味しかったです!

ご馳走様でした。

龍昇園さんのメニュー

龍昇園さんのメニューはこちらです。

龍昇園

龍昇園

まとめ

ラーメンの聖地、燕三条のお遍路MAPを入手。

先生のおすすめと相まって、

初のカレーラーメンに挑戦しました。

カレーラーメン自体、どんなものかわからない上、

黒カレーラーメンとなってはさらに謎でしたが、

辛さも程よく、スープは意外とサラサラあっさり。

スープカレーの感覚で全部飲み干してしまうほどでした。

たくさんのシャキシャキ玉ねぎ、

トロトロ美味しい厚切りのチャーシュー、

スープによくからむ平打ちのちぢれ麺、

中から出てくる意外な具の数々、

など楽しみながら美味しくいただきました。

カロリー気にしながらぼちぼち

お遍路の旅、続けたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 新潟良いとこ何度もおいで♫ » ラーメン編1 「龍昇園(三条市)」聖地で初のカレーラーメン体験!
a
目次