「秋葉温泉・花水(かすい)」ちょっとゴージャスな日帰り温泉

秋葉温泉花水

秋葉温泉花水

目次

温泉編10 「秋葉温泉・花水(かすい)」(新潟市)ちょっとゴージャスな日帰り温泉

青海神社でパワーをいただいた後は日帰り温泉・花水へ

天気が百変化で変わる中

奇跡的に晴れ間が除き訪れた加茂市の青海神社。

想像していたものの

それ以上に素敵な神社でした。

この素敵な青海神社を勝手に私の神社に任命した後、

この日は新津方面に向かい

日帰り温泉・花水に行くことにしました。

青海神社からの距離感はこんな感じです。

相変わらず

降ったり止んだりのお天気の中、

秋葉温泉・花水に到着しました。

ん?何となく雰囲気がゴージャス?

秋葉温泉花水

到着したのは17時30分少し前。

秋葉山の麓に位置するこちらの施設、

もうすっかり暗くなってしまいましたが、

何となく建物の雰囲気が今までの日帰り温泉とは違う?

ちょっとゴージャス感が漂っています。

南欧風のこちらの入口から入ります。

秋葉温泉花水

料金もタオルセット有で大人950円と

秋葉温泉花水

他の施設に比べて高めです。

日帰り温泉・秋葉温泉花水はこちら:https://casui.net

女性ターゲットのようです

ロッカーに靴を預けて

秋葉温泉花水

その鍵を受付で預けるスタイルは同じです。

女性ターゲットの品揃え

売店も可愛い手袋や

秋葉温泉花水

アクセサリーなど

秋葉温泉花水

女性向けの商品が並びます。

このタオルはこの前も見かけました。

秋葉温泉花水

こちらはフレーバードティーのブランドです。おしゃれですね。

秋葉温泉花水

ドライフルーツと世界の茶葉を組み合わせたお茶のようです。

Dtealsというブランドで本社は静岡の牧之原だそうです。

Dtealsのお茶はこちら:https://teatrico.jp

秋葉温泉花水

他にもちょっとした雑貨店のような品揃え。

秋葉温泉花水

思わず手にとって買ってしまいそうな製品が並んでいました。

秋葉温泉花水

館内の案内図です。

秋葉温泉花水

この通路の先に浴室があります。

秋葉温泉花水

通路の途中には販売機、

秋葉温泉花水

その向かい側が湯上がり処になっています。

豊富なボディケアメニュー

ボディケアのメニューが貼ってありました。

秋葉温泉花水

色々な種類の色々なメニューが揃っています。

秋葉温泉花水

頭から爪先まで沢山あります。

寝転がられる休憩室もありました。

秋葉温泉花水

南欧風雰囲気のお風呂はいいお湯でした

秋葉温泉花水

内風呂は白い大きな浴槽に

白い大きな柱が印象的な

こちらもやはり南欧風の雰囲気の作りになっています。

天井が明るいブルーのドーム状になっていて

明るい雰囲気で気持ちのいいお風呂です。

内風呂にはこの大浴場と

メディテーションバスと言って

瞑想が楽しめるようなちょっと暗めの

壁で囲まれたお風呂もありました。

温泉は、体がよく温まり、

なおかつ冷めにくいという特徴の「ナトリウム塩化物泉」。

「弱アルカリ性」による

皮膚の乳化清浄作用を合わせ持っているとのこと。

県下有数の高濃度成分だそうで

肌に吸い付くようなとろりとしたお湯質でした。

露天風呂もリゾート風

露天風呂も基本白い浴槽と

白い柱が何ともリゾート風な作りになっています。

大きめのお風呂が1つあって、

お湯もとてもいい感じでした。

花水のHPによると

泉質は、ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉。
泉質別適応症は、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病で
一般的適応症は、神経痛、筋肉痛、五十肩運動麻痺、関節のこわばり、

慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、

切り傷、打ち身、くじき、やけどだそうです。

ゴージャスなカフェスペースで珈琲ぜんざいを

秋葉温泉花水

お風呂と反対側の通路の先には

レストラン、カフェがあります。

秋葉温泉花水

こちらはカフェスペース。

秋葉温泉花水

天井が高くて窓も大きく

秋葉温泉花水

贅沢な作りになっています。

その奥に食事ができるスペースもあり

秋葉温泉花水

利用している人がいたので写真は撮りませんでしたが、

そちらはレストランというよりお食事処の和風な雰囲気でした。

メニューもこんな形で

秋葉温泉花水

セルフ形式で自分で取っていくスタイル。

秋葉温泉花水

気になったこちらの珈琲ぜんざいを

秋葉温泉花水

南欧風カフェスペースでいただきました。

秋葉温泉花水

コーヒーゼリーとあんことバニラと黒蜜が

なるほど、絶妙なバランスで楽しめました。

まとめ

秋葉温泉花水

新津の秋葉山麓にある日帰り温泉・花水は、

他の日帰り温泉とはまた一味違った雰囲気の

おしゃれな施設でした。

30を超える豊富なメニューを持つ

リラクゼーションサロンがあり、

頭の先から爪先まで

さまざまなコースでボディケアできるのが特徴です。

気持ちも時間も余裕のある時にじっくりゆっくり来て、

自分へのご褒美的な時間を過ごしてみたい施設でした。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 新潟良いとこ何度もおいで♫ » 「秋葉温泉・花水(かすい)」ちょっとゴージャスな日帰り温泉
a
目次