日本全県めぐり2周目はいよいよ39県目!鳥取へ!

新潟鳥取旅

目次

日本全県めぐり2周目はいよいよ39県目!鳥取へ!

なんで鳥取?美術館のわらしべ長者!

昨年12月の伊勢神宮への旅で私の日本全県めぐり2周目の旅も42県に達しました。

そして今回、39県目の鳥取県へと旅立ちました。

今回鳥取を目指したきっかけは、国立近代美術館の「民藝の100年展」でもらってきたこのフライヤーです。

東京国立近代美術館

「吉田璋也と民藝を作った人々」@鳥取民藝美術館

今まで私が知る民藝の人、といえば柳宗悦、バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司、芹沢銈介などで、

吉田璋也という名前は初めて聞いたのでとても興味を持ったところへ、

なんとその特別展が鳥取であるというので一気に次の旅の候補地となったわけです。

またもや美術館のわらしべ長者現象、美術館から次の美術館につながりました。

このフライヤーだけを携えて新潟空港から大阪に旅立ちました。

新潟空港からIBEXで大阪へG O!

鳥取にどう行く?

今回悩んだのは、さて、鳥取にどう行くか。

もちろん一番格安なルートを探したいと思いました。

コスト的に一番安いのは夜行バスですが、鳥取まで直行のバスはないようです。

それに、時間的にも身体的にも往復夜行バスはちょっと辛いものがあります。

新潟から大阪に早割航空券で行って、大阪からどうするかを考えることにしました。

大阪から鳥取へは電車だと特急で2時間半、片道6600円くらいです。

またバスだと4時間弱、片道3800円。

1時間半しか違わないならバスに乗ってみようと思います。

バスの予約は乗車2週間前から可能です。

大阪までは早割IBEX・大阪からは梅田からバスに決定!

新潟鳥取旅

新潟空港9時40分発のIBEXに乗り、大阪・伊丹空港を目指しました。

出発時、新潟空港は雨、その中作業員の方がお見送りしてくれて出発です。

新潟鳥取旅

2人掛けのシートの小さい飛行機でしたが、機内はさすがに空いていました。

前方は1人ずつ搭乗していましたが、後部座席は2席とも誰も座っていない座席も多くありました。

大阪城上空を過ぎて、

新潟鳥取旅

飛行機は11時前に伊丹空港に到着しました。

新潟鳥取旅

鳥取行きのバスは大阪・梅田出発で予約してあるので、

空港からモノレールで1駅隣の蛍池まで行き、そこで阪急電車に乗り換えます。

新潟鳥取旅

神戸に住んでいた頃、東京出張といえばこのルートだったのでとても懐かしい、

時間をワープしたような感覚になりました。

空港の駅のエスカレーターのある階段がどこにあるか、とか、

蛍池での乗り換えでの阪急電車ホームへの行き方、とか、

体が覚えている感覚で何も考えずに体がそちらに動いているから不思議です。

神戸に帰るときは十三(じゅうそう)という駅で降りて、さらに阪急神戸線に乗り換えていました。

が、今日は十三では降りずに終点の梅田まで乗っていきます。

懐かしい阪急梅田駅の黒いツルツルしたフロア。

新潟鳥取旅

バスは13時10分発なので、1時間ほど時間があります。

懐かしい阪急梅田デパートを散策している間にあっという間に1時間経ってしまいました。

快適バスで鳥取へGO!

梅田から鳥取までのバスは阪急三番街の高速バスターミナルから出発します。

新潟鳥取旅

バスは中国自動車道から鳥取を目指し、

新潟鳥取旅

途中、姫路の安富PAで休憩をとりながら進行します。

新潟鳥取旅

神戸にいた頃、ゴルフに行くのに通った道だったので、とても懐かしかったのと同時に、

新潟鳥取旅

そろそろゴルフスクールに行きたい、と思っていたのを思い出しました。

帰ったら探そうと思います。

バスは鳥取南ICを下車、あたりに雪は全然ありません。

新潟鳥取旅

ちょうど16時、予定通りに鳥取駅に到着しました。

初めての鳥取駅&鳥取市!

鳥取県は何回か来たことがありますが、今まで行ったのは米子方面だったので、

鳥取市、そしてこの鳥取駅は初めてです。意外に大きい駅でびっくりしました。

新潟鳥取旅

駅前には大丸デパートが、

そして駅の構内も広々としています。

新潟鳥取旅

お土産売り場、そしてその奥はショッピングセンターのようになっていました。

新潟鳥取旅

その割に観光案内所が小さめ笑

たくさんの情報リーフレットをもらって、とりあえずホテルを目指します。

駅前には巨大モニュメントが。

新潟鳥取旅

何か説明とかあるのかなと思って周りを探しましたが、特になさそうでした。

夢時計21、というようです。

そのモニュメントのある駅前通りを左へずっとまっすぐ進み、

大きな郵便局の前で来た道を駅方向に振り返るとこんな感じです。

新潟鳥取旅

その先にあるワシントンプラザホテルを過ぎた交差点を渡って、

正面に見えるのが今回の宿泊地です。

新潟鳥取旅

ホテルモナーク鳥取

今回の宿泊はホテルモナーク鳥取です。

新潟鳥取旅

ホテルはこちら:https://hotel-monarque.jp

いつものようにビジネスホテルにしようかと思いましたが、

会社からもらった旅行券を使いたいのと、

このホテル、源泉を持っていて温泉があるというのでこちらにしました。

部屋はこ綺麗でスッキリしていて、カーテンを開けると明るくて快適です。

新潟鳥取旅

結構ベッドと机の間が狭いところも多いので、部屋がL字型になっているせいか机が使いやすいのがいいです。

新潟鳥取旅

お風呂は温泉!

お風呂に行ってみました。

新潟鳥取旅

さすがに露天はないですが、敷地内に源泉を持っているので本当の温泉です。

泉質はナトリウムー硫酸塩―塩化物泉で、ポカポカと体の芯から温めてくれるお湯です。

効能としてはリウマチや循環器疾患などに効果があるとのことです。

実際に入りましたが、私の首筋バロメーターは動かず。

なので皮膚系の効果はあまりないようですが、その代わり、本当にポカポカ温まります。

部屋に帰ると暑いくらいで、暖房が必要ありませんでした。

リウマチや循環器疾患など、体の内部系への効果があるのもうなづけました。

今回は朝食付き!

普段、朝食は食べないので、ビジネスホテルの時も素泊まりが多いですが、

今回は近ツーさんの宿泊パックなので朝食付き。

朝7時からいただいてきました。

バイキングなのかと思っていたら、この時期だからかなのかお弁当のように運んでくださいました。

新潟鳥取旅

ちょこちょこ、色々入っていて、どれも美味しいです。

サラダも新鮮で美味しい。

写真では飲み干してしまった後の、大山牛乳も美味しかった!

今日の朝食は和洋折衷バージョンなのだそうです。

明日は洋食か和食か選ぶとのことでした。

まとめ

「民藝100年展」でもらったフライヤーがきっかけで鳥取にやってきました。

新潟から飛行機で大阪へ、大阪からはバスで鳥取に入りました。

鳥取での宿泊はホテルモナーク鳥取、源泉のあるホテルです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 50代ではじめたこと » 日本全県めぐり2周目✈️ » 日本全県めぐり2周目はいよいよ39県目!鳥取へ!
a
目次