翌朝、思わぬハプニングで想定外の東京散歩!

還暦を祝う旅

目次

翌朝、思わぬハプニングで想定外の東京散歩!

娘の携帯がない!酔っ払いの代償笑

広尾のレストランで楽しい一夜を過ごした翌朝、朝一番であるハプニングが起きました。

娘のスマホがない!

昨晩気が付いたらホテルのベッドで寝ていた私たち、もちろん昨日の記憶は曖昧です笑

私の携帯から娘の携帯に電話をかけてみると、呼び出し音はするのに部屋のどこからも反応はありません。

やはりどこかに置き忘れたようです。

置き忘れたとすると、考えられるのは昨日のお店に置き忘れたか、帰りのタクシーです。

お店はこの朝の時間では連絡はつかないので、タクシーからまず当たることにしました。

ラッキーだったのは、私のバッグの中にいつもはもらわないタクシーの領収書が入っていたことでした。

還暦を祝う旅

電話をかけてみると…、ありました!

どうやら娘の携帯らしきものが届けられていて、数分前に着信があったことも確認できました。

領収書って大事ですね。

というわけで、ホテルの朝食を取る前に、朝のお散歩で携帯を引き取りに行くことに。

とその前にホテルのロビーで記念撮影。

還暦を祝う旅

朝早いので、いつもは誰かが記念撮影しているこの場所も誰もいません。

怪我の功名?ラッキーでした。

さて、そのタクシーの事務所は京葉線の潮見駅というところにありました。

帝国ホテルからは、日比谷線で八丁堀に出て、八丁堀で京葉線に乗り換えて二駅先の潮見駅に向かいます。

ホテルから30分ほどで行けそうです。

京葉線はTDLに行く時に乗りますが、快速に乗ってしまうので各停しか止まらない潮見駅には行ったことがありませんでした。

思わぬ東京散歩となりました。

無事携帯をゲットして潮見駅で記念撮影笑

還暦を祝う旅

ホテルに戻り、パークサイドダイナーでゆっくり朝食をいただくことにします。

パークサイドダイナーで朝食を

還暦を祝う旅

今回の宿泊プランは朝食付きです。

チェックイン時にもらった朝食券は、パークサイドダイナー、ルームサービス、なだ万で使うことが出来ます。

ルームサービスは朝6時から、パークサイドダイナーとなだ万は朝7時から利用する事が可能です。

この日は潮見駅から戻って、本館1階のパークサイドダイナーでいただくことにしました。

パークサイドダイナーでの朝食はパークサイドブレックファーストというアメリカンスタイルの朝食です。

メニューを見たら、4,400円する朝食でした。

ジュースはオレンジ、グレープフルーツ、トマト、そしてアップルジュースが選べます。

卵は目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ、もしくはパンケーキが選べます。

サイドディッシュにはベーコン、ソーセージ、ハム、ブロッコリー、ポテトかついてきます。

卵料理の場合は、パンがトーストがブレックファーストロールから選ぶことができました。

パークサイドダイナーの朝食はこちら:https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/parkside_diner/menu.html

私は目玉焼きにトーストを、

還暦を祝う旅

娘は迷った挙句パンケーキにすることにしました。

還暦を祝う旅

コーヒーと一緒に美味しくいただきました。

還暦を祝う旅

ガルガンチュアのスイーツは別腹?

還暦を祝う旅

朝食の後、お隣のインペリアルプラザに移転したホテルフードのお店「ガルガンチュワ」を覗きに行きました。

初めてみる新装ガルガンチュワに娘も大興奮笑

何か選んで部屋に持っていこう!ということになりました。

パンも魅力的だし、スイーツも魅力的。

二つのガルガンチュワを行ったり来たりしてさんざん迷った挙句、ケーキを2つ。

そして白ワインも買って部屋に戻りました。

この日の夕食はバイキングのレストラン「サール」を予定しています。

しかも17時という早い時間からなので、この日のお昼はスキップする予定です。

でもスイーツは別腹です。

還暦を祝う旅

白ワインと一緒にいただきました。

17時までの時間は部屋でまったり過ごすことにしました。

還暦を祝う旅

娘は普段ユニットバスだけでお風呂がないので、バスタブにお湯を張って本でも読みながらのんびりしたいのだそう。

還暦を祝う旅

私もワインで眠くなってしまったので、ゴロゴロしているうちに眠ってしまいました。

普段、こんな時間はないのでたまにはそんな過ごし方もいいですね。

今回の旅のチャレンジ・着物旅!

還暦を祝う旅

今回は着物で旅することにチャレンジしました。

初日の朝はMさんに手伝ってもらって心強かったのですが、その後は1人で着なければなりません。

一応、この日の朝のハプニング・携帯を撮りに潮見駅に行った時も自力で着て行きました。

予定していなかった外出だったので、昨日と同じ、母の残した大島紬と龍村の帯のコーディネートです。

そして、次のチャレンジはこの日の夕食です。

この日の夕食用には還暦記念で作った本塩沢(塩沢お召)を持って来ています。

帯は母の残した龍村の帯の赤い方です。

還暦を祝う旅

着物で旅行なんてとてもハードルが高いと思いますが、ちゃんと着られるようになれば旅支度が簡単、というのも理解できました。

もともと折り畳み方が決まっていてぺったんこに収納するものなので、スーツケースの中で嵩張ることがありません。

これは今後もチャレンジしてみる価値があるかも!というのが今回の感想です。

今回はもし着れなかったら、という不安でついつい洋服と靴も持って来てしまったので、荷物が嵩張ってしまいました。

でも結局洋服を着ることはありませんでした。

いるとしたらジーンズとシャツとペタンコの靴、があれば何とかなりそうです。

今後もこのチャレンジは続けようと思います。

弾丸旅も着物で行っちゃうとか、有りですよね。

ディナーの話まで辿り着けなかったので、この続きはまた明日。

まとめ

前夜、楽しすぎてすっかり酔っ払ってホテルに戻った私と娘。

朝起きてみたら娘の携帯が行方不明というハプニングが。

いつもはもらわないタクシーの領収書から携帯を見つけることができ、朝食前に思いがけない散歩に行くことに。

携帯をゲットしてからゆっくりホテルの朝食を楽しみました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 60歳からの暮らし👘 » 還暦・定年退職にまつわるあれこれ » 翌朝、思わぬハプニングで想定外の東京散歩!
a
目次