知らない街を歩くって楽しい!和歌山県橋本市ってどんな町?

和歌山線

JR和歌山線の車窓から

目次

知らない街を歩くって楽しい!和歌山県橋本市ってどんな町?

和歌山の旅3日目の宿泊地は初めての橋本です!

和歌山の旅

日本全県めぐり2周目、最後の県・和歌山を旅しています。

初日は和歌山市に入って宿泊、

2日目は和歌山市の街歩きガイドの智子さんと和歌山城へ。

和歌山城の次は魚介専門イタリアンバルで絶品お魚グリルランチをいただき、

有吉佐和子記念館ではまさかの新潟との強い絆を見つけてびっくりでした。

智子さんと別れ、3日目は和歌山県立近代美術館へ。

美術館からJR和歌山駅に出て、紀三井寺にも行ってみました。

この日の予定は和歌山駅から普通電車で1時間ちょっとの橋本駅付近のビジネスホテルで宿泊するだけです。

翌日はこの橋本駅から南海高野線に乗って高野山を目指そうと思います。

空白の4日目、どこに行こう。そうだ、高野山に行ってみよう!

和歌山の旅

和歌山の旅を計画していた時、まず最初に考えたのは和歌山市に行くことでした。

神戸に住んでいたので和歌山にも何回か来ていました。

娘と白浜のアドベンチャーワールドに行ったり、

両親が新潟から訪ねてきた時に白浜や串本に泊りがけのドライブをしたり。

どうしても観光となると白浜方面に行ってしまって、

街を歩くということをしたことがなかったのです。

今回はどうしても街を歩きたい!

と思っていたところに思いついたのが、1月に研修に行った京都で聞いた和歌山の街歩きです。

和歌山市街歩きツアー

研修の先生からHPのアドレスは聞いていたので早速連絡、まずは和歌山市に行く予定が決まります。

今回の日程は12月のANAのバーゲンの時に決まっていたので、

出発日と帰宅日だけは動かすことができない5泊6日の日程です。

到着便の時間の関係で、初日は現地に到着して宿泊するだけ。

2日目に和歌山市の街歩きをするとして、

せっかくなのでその翌日は県立美術館に行く余裕を持っておこう、

ということで和歌山市には2泊することにします。

和歌山市

今回の旅行でも久しぶりにアドベンチャーワールドに行こうと思うので、

和歌山市から南下して白浜まで行き、最後に白浜から帰ってくる形にしようと思い、

5日目にアドベンチャーワールドの予約を取りました。

最終日の6日目も和歌山から伊丹空港への移動日とするとして、

初日、現地到着、宿泊。

2日目、和歌山市街歩き。和歌山市泊。

3日目、県立美術館、プラスアルファ。宿泊未定。

4日目、行き先、宿泊とも未定。

5日目、アドベンチャーワールド、白浜泊。

6日目、白浜から伊丹空港へ移動、帰宅。

後は3日目の後半と、4日目をどうしようか。

最初は、南下という行程から考えて、和歌山市と白浜の間の、

有田みかんで有名な有田に行ってみようかなと思っていました。

そんなことを考えていた頃、去年の年末に和歌山に行ってきた!という人と話す機会があり、

どうしても高野山に行ってみたくて、とおっしゃっていたのがきっかけになりました。

そういえば高野山、行ったことない、行ってみよう、となったのです。

和歌山市からの電車と、高野山に行く電車の接点・橋本!

JR和歌山線

紀伊山田駅

高野山に行こうと思ったのはいいのですが、

ネットで調べてもなかなか全体像がわからずにいました。

宿坊も色々あるようですが、和歌山のガイドブックも買っていなかったので、

どこにするかも決めかねていました。

また宿坊に泊まってまで巡るのなら、もっと日程のある時にして、

今回はとにかく下見気分で行ってみようと思い、

和歌山市からのJR和歌山線と、高野山行きの南海電車の接点である橋本駅を拠点にすることにしました。

JR和歌山線

JR和歌山線の車窓から

これが正しいのかわかりませんでしたが、

橋本という街も初めて聞く地名、知らない街を歩くのも楽しそうです。

そんな、言ってみれば適当なプロセスで橋本泊を決めました。

幸い橋本にはビジネスホテルが1つ見つかり、そこを予約します。

ホテルルートイン橋本です。

橋本

全国宿泊支援で泊まったので、そのクーポンを使ってホテルに隣接するレストランで頼んだ熊野牛。

熊野牛

熊野牛、とっても美味しいです。

実は智子さんとの夕食でも頂いていて、今回熊野牛の大ファンになりました。

熊野牛

ホテルルートイン橋本はこちら:https://www.route-inn.co.jp/hotel_list/wakayama/index_hotel_id_616/

ベルリンオリンピック金メダリストを二人も排出してる街、橋本!

橋本

橋本市ってどんなところなんだろうと思って市役所のHPを見てみたら、

この地図がとても可愛いと思いました。

和歌山の右上の端っこです。

もう奈良がすぐ近くにあって、明日香村にもすごく近いんですね。

紀伊山田駅

紀伊山田駅

ホテルはちょうど橋本駅とその手前の紀伊山田駅の中間地点にあったので、

行きは紀伊山田駅で降りて歩き、翌日は橋本駅まで歩きました。

橋本

紀伊山田駅から国道24号線沿いに歩いて行くと、面白い地名がありました。

橋本

「野」!英語でNOです。

こちらがホテルの外観です。

橋本

こちらは熊野牛を頼んだホテル隣接のレストラン。

橋本

中は結構広い、大きなレストランでした。

翌朝はホテルから橋本駅に歩きました。

橋本

橋本駅とホテルの間の国道沿いに橋本市役所があって、

その前にこちらの石碑が立っていました。

橋本

何と、ベルリンオリンピックで金メダリストを二人も排出している街でした!

橋本

前畑秀子さんと古川勝さんです。

お二人は同じ街の出身だったのですね。

お二人のWikiを見てみるとお二人とも紀ノ川で泳ぎを覚えてとあります。

紀ノ川、すごい!

さぞ今も水泳が盛んなのでは、と思って調べたら、

橋本市運動公園プール、別名:前畑・古川記念プールというのがありました。

前畑・古川記念プールはこちら:https://iko-yo.net/facilities/16998

橋本

同じ市役所前の場所にはこちらの石碑もありました。

日本数学史上最高の世界的数学者・岡潔さんという方の石碑です。

生涯の研究テーマとなる「多変数解析函数論」にであり、後にその分野において世界中の数学者が解けなかった「三大問題」をたった一人で全て解決した、のだそう。

橋本

私にはちんぷんかんぷんで申し訳ないですが、それでもそんな方のお名前を知ることとなって、

やはり知らない街を歩くのはとても楽しいです。

まとめ

旅行の計画段階で最後の最後に決まった高野山行き。

宿坊にも泊まってみたかったのですが、ちょっと全体像がつかめず、

今回は下見と思って拠点となる橋本に宿泊しました。

聞くのも歩くのも初めての街はベルリンオリンピックで金メダリストを二人も排出した街でした。

翌日は電車とバスを乗り継いで高野山を目指します。

 

にほんブログ村に参加しています。応援していただけると嬉しいです!こちらをクリック↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 50代ではじめたこと » 日本全県めぐり2周目✈️ » 知らない街を歩くって楽しい!和歌山県橋本市ってどんな町?
a
目次