久々のデコ料理は「ゆく牛・くる寅」😃

新潟の酒

目次

久々のデコ料理は「ゆく牛・くる寅」😀

大晦日 仕事を終えてから娘が新潟に!

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨日、2021年12月31日

東京の病院での日勤を終えてから

娘が新潟の我が家にやってきました。

2泊3日の短い滞在ですが、

やっぱり一緒に年越しできるのは嬉しい。

嬉しすぎて、こんなに飲めないとわかっていながら

ぽんしゅ館でこんなに日本酒を買ってしまいました。

ぽんしゅ館はこちら:https://www.ponshukan.com

いろんな種類の新潟のお酒を

一緒にワイワイ飲みたい気持ちの表れです。

両親が健在だった頃は

大晦日はすき焼きと決まっていました。

すき焼きで満腹になったところに

年越し蕎麦をさらに食べるというのが恒例でした。

流石に今年は娘が到着するのが夜遅いので

年越し蕎麦は食べるとして、

すき焼きは重たすぎます。

娘も私も野菜好きなので野菜中心のオードブル、

というかサラダというか、大皿プレートを作ることにしました。

大皿プレートと聞いてそそられるのはデコ心!

ハロウィンデコ料理

大皿プレートと聞いてそそられるのは

何かをテーマにしたデコ料理心です。

以前ご紹介したのはハロウィーンのデコ料理でした。

その昔、お正月に未年の大皿プレートを作ったことがありました。

未年のデコ料理

今回は大晦日なので思いついたテーマは

終わろうとしている丑年と新たにくる寅年。

牛と虎を何かで作れないか…。

テーマは牛と虎!まずは虎をどうしよう?

まずは来年の主役の虎を何で作ろうか?

虎をテーマのデコ料理は

今年の節分に虎のパンツのオムライスを作ったことがあります。

虎のパンツのデコ料理

同じ手法で卵で虎のシマシマを作るか…。

野菜で何か作れないだろうか。

黄色かオレンジの野菜…で浮かんだのはニンジンです。

ニンジンで虎らしいもの…。

こんなイメージを描いてみました。

寅と丑のデコ料理

これなら猫の形のクッキー型があればできそう!

手持ちのクッキー型を見てましたが動物の形のものは持っていなくて、

買い物ついでにダイソーに行ってみることにしました。

そして見つけたのがこちら。

寅と丑のデコ料理

ラッキー!猫が入っています!

この型と、目を抜くための金属のストローを購入しました。

寅と丑のデコ料理

頭と頬の部分のシマシマをどうやって出すか…

海苔で貼る?

ちょっと考えなければなりません。

牛はどうしよう?

虎は猫のクッキー型で作ってみることに決まりました。

さて、牛はどうしよう。

一つ思いついたのは大根です。

牛の顔か体か、デフォルメしたデザインがあれば

大根で作れそうです。

イメージはこんな感じ。

寅と丑のデコ料理

あまり細かいデザインは大根を切るのが難しくなるので

なるべくデフォルメして牛とわかるのは体かも。

とにかくやってみないとわからないので

大根を買ってきてトライしていることにしました。

模様の部分はやはり海苔でしょうか。

実はデコ料理で海苔を使うのはあまり好きじゃなくて

できれば違う素材でやりたい!

でもなかなか黒の素材ってないんですよね。

テーマは「ゆく丑・くる寅」に決定!

成功するかはわかりませんが、

とりあえず主役は丑と寅に決まりました。

テーマは「ゆく丑・くる寅」!大晦日にふさわしいテーマ!

テーマが決まったので全体のデザインが浮かんできます。

寅といえば竹林。

セロリで竹をイメージして、

さやいんげんやスナップエンドウで笹の葉をイメージ。

丑はブロッコリーや何か緑の野菜で牧場をイメージ。

こちらデコ料理ノートに描いたイメージです。

寅と丑のデコ料理

あとは作りながら考えます!

寅の作り方!

型抜きできそうな太いニンジンが見つかりました。

寅と丑のデコ料理

5ミリ程度の輪切りにして型抜きします。

寅と丑のデコ料理

型抜きした周りの部分は元旦のお雑煮に使おうと思います。

目を抜きます。

寅と丑のデコ料理

シマシマの部分もナイフでカットしてみたら

これが意外といいかも!

寅と丑のデコ料理

これで行くことにしました。

虎に見えますよね!

これをフライパンで焼いて焼き目をつけたいと思います。

これ、簡単なので皆にシェアしたい。

元旦のお雑煮に入れても可愛いと思います。

丑の作り方!

丑は型抜きがないので、工作の時間。

大根の輪切りに楊枝で下絵を描いて

包丁で切り落としていきます。

寅と丑のデコ料理

なるべく直線だけでデフォルメした形にしたい。

耳とツノの部分がちょっと細かいので慎重に。

寅と丑のデコ料理

意外とうまくできました!

5ミリ程度の厚さにスライス。

穴は目にするか、鼻にするか、両方開けて見ました。

寅と丑のデコ料理

鼻だけの方が丑らしいかも。

そして柄はやっぱり海苔が良さそうです。

思ったよりも丑感が出て嬉しい!

ジャーン!出来上がりました!

デコ料理

あとは娘の到着を待つばかり。

今年はもっとデコ料理、作ろうと思っています。

まとめ

娘が新潟に来るので

久しぶりにデコ料理作りました。

題して「ゆく丑・くる寅」!

寅と丑のデコ料理

大晦日にふさわしいテーマになりました。

ニンジンの寅も可愛く、

大根の丑もなかなか丑感出てる!

寅と丑のデコ料理

今年はもっとデコ料理、作りたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 50代ではじめたこと » デコ料理&クッキング » 久々のデコ料理は「ゆく牛・くる寅」😃
a
目次