大好きな牡蠣そばの季節 「さらしん」さんへ

自由が丘さらしん

目次

大好きな牡蠣そばの季節 「さらしん」さんへ

思い出して自由が丘の「さらしん」さんへ

 

下田風景もうすぐ閉講する、現在参加中のしただ塾。

10月中旬から2ヶ月間、

新潟県三条市の下田地区での生活も

あと残りわずかとなりました。

ここのところ、

下田生活をより印象的なものにしてくれる

さまざまな講義が目白押しです。

下田産野菜をふんだんに使った調理実習や

手びねりでの陶芸体験などなど。

満喫しています。

そんな中、

下田生活最後の週末は弾丸で東京へ。

星火さんでの食事を楽しみながら、

娘の話を聞きに行ってきました。

そして翌日、

娘は用事で午前中に出て行き、

私は13時からの美術館の予定まで

のんびりしていたのですが…

そうだ、牡蠣そば!

ふと思い出して

自由が丘駅近くのお蕎麦屋さん

「さらしん」さんに寄っていくことに。

思い出して良かった!私の牡蠣蕎麦マイベスト1

自由が丘さらしん

さらしんさんは

自由が丘の正面口(ロータリーのある方)を出て

線路沿いのアーケード(自由通り)を右に行くと

すぐ左手にある路面店です。

入り口がちょっと奥まっているので

駅方面から来ると素通りしてしまいそうですが、

自由が丘さらしん

隣に大きなカラオケの看板があるので

それが目印です。

それにしても

時間の余裕のあるうちに思い出して良かったです。

去年の今頃はまだ自由が丘に住んでいたので

何回こちらの牡蠣蕎麦を楽しませていただいたことか。

危うく忘れて寄らずに帰るところでした。

牡蠣蕎麦があるお店では

必ず注文するほど牡蠣蕎麦好きです。

その中で今の所のマイベストは

こちら、さらしんさん、というほど美味しいのです。

思い出して良かった!

お店に向かったら、

ありました、ありました、大きな張り紙!

自由が丘さらしん

今年も大きな牡蠣が取れていますように。

中に入ると11時半前なのにすでにいっぱい。

お二人の方が待っていらっしゃいました。

満席…かと思いきや、

1人用のテーブル席が空いていたので

通してくれました。

今年もやっぱり美味しい!大満足の牡蠣そば

こちらがこの季節限定の牡蠣メニュー。

自由が丘さらしん

牡蠣をおつまみにして夜飲みに来たい、

といつも思います。

自由が丘さらしん

去年はコロナでそんな気になれず

結局叶いませんでした。

私はいつもこのかき南そばの白汁を

普通のおつゆにしてもらってオーダーします。

他のメニューはこちら。

自由が丘さらしん

牡蠣がない時期のおすすめは

小海老おろしそばです。

自由が丘さらしん

お店の前のウィンドウにも写真が出ているほど

人気のメニュー。

京うどんやにしんそばもおすすめのようです。

自由が丘さらしん

向こうのテーブルの人は

にしんそばと、かきカレーそばを頼んでいました。

さて、待つこと10分くらい?

かき南そばがやってきました。

ジャーン!

自由が丘さらしん

大きな牡蠣が3つ乗っています。

自由が丘さらしん

すだちが添えられています。

自由が丘さらしん

白汁にすればきっと

もっとすだちの風味が引き立つのでしょうが、

私はこの濃いめのおつゆが好きなのです。

お蕎麦はもちもち感のある新蕎麦です。

牡蠣は大きくてプリプリで熱々。

自由が丘さらしん

一口、いえ二口でも食べきれないサイズ。

生でもなく、硬くもなく

ぷりぷりと柔らかく、ジューシーで

本当に火の通し方が絶妙です。

やっぱりマイベストの座は不動の美味しさ。

先日三条で入ったお店の牡蠣蕎麦と

ちょっと比較してみると…

三条むろしま

全然違いますね。

本当に美味しくいただきました。

ご馳走様でした。

牡蠣のある季節にまた寄ります!

まとめ

大好きな牡蠣蕎麦の季節です。

メニューに牡蠣蕎麦があると

必ずと言っていいほど頼んでしまうのですが、

今の所の私のマイベストはこちら、

自由が丘のさらしんさん。

岩手県広田湾産の大粒牡蠣を使った

かき南そばは

本当に大きな粒の牡蠣が3個、

絶妙な火の通し具合で入っていて、

柔らか、ぷりぷりジューシー。

磯の香りが口一杯に広がります。

かきとじそばや

かきカレーそば、

そしておつまみメニューもあります。

いつ食べても大満足な牡蠣蕎麦、

今年も美味しくいただきました。

さらしんさんはこちら:https://sarasin.info

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ホーム » 60歳からの暮らし👘 » 美味しいお店 » 大好きな牡蠣そばの季節 「さらしん」さんへ
a
目次